春の新刊のお知らせです~!発売は4月終わり頃の予定です(^。^)

アイボ表1

少し、暖かくなりました。

未来もきららもとっても元気!

さてさて、新刊のお知らせです。今回も犬、と言いたいところですが、犬は犬でもロボット犬の物語。

ソニーが1999年から2006年まで販売したロボット犬・アイボを覚えていますか?

アイボの製造が中止されて、早10年が過ぎました。

それでもアイボを我が子のように大切にしている人々、そして、そのロボットの命を繋ぐ、修理を手掛けている人たちを追いかけたノンフィクションです。

ナマ犬派の今西は「ロボットの犬なんて」と思っていましたけど、いやいや、アイボのオーナーさんたちのアイボへの愛情は、私が未来ときららに注いでいるものと同じなんです。

結論!命とは、何をもって命とするか、それは、私たちが「そのものに命がある」と信じた瞬間、

万物に命が宿るということです。

誰かの命について考えることは、自分の「心」を知るきっかけとなります。

ぜひ、子ども達には読んでほしいな!高学年向きです。